私たちは、あなたの味方です。予期せぬ妊娠をしてしまったがどうしたら良いか分からない。生みたいけど育てられそうにない。このような、予期せぬ妊娠などでお困りの時は、お気軽にご相談ください。

ご相談はこちら
妊娠したことに悩んでいるあなたへ一人で悩まないで一緒に考えていきましょう。

ベビーフェイスの目的

ベビーフェイスは、予期せぬ妊娠でお困りの方の相談に乗ったり、サポートを行うことにより、予期せぬ妊娠で亡くなってしまう赤ちゃんを救いたい、生まれてくる赤ちゃんに幸せになってもらいたいと考えて設立した非営利のボランティア団体です。

ベビーフェイスの活動

ベビーフェイスは、予期せぬ妊娠でお困りの方に客観的な立場でアドバイスさせて頂きます。

このような方はベビーフェイスにご相談ください。

このような、予期せぬ妊娠などでお困りの時は、お気軽にご相談ください。あなたの立場に立って一番良い解決策を一緒に考えていきましょう。

妊娠相談と特別養子縁組


最近、特別養子縁組を取り上げたドラマ「マザーズ」や「コウノドリ」が放送され話題になっています。また、少し前の話では、赤ちゃんポストを取り上げた「こうのとりゆりかご」、芦田愛菜ちゃんが主演の「明日ママがいない」など、妊娠とその後の子供の生き方を描いた社会問題を背景にしたドラマが増えてきています。

自分で育てることが出来るなら、赤ちゃんにとってはそれが一番良いことだと思います。ただし、学生の場合、学校と育児の両立は、大学生でない限り、金銭的にも時間的にもかなり大変です。
高校生では学校を続けることが出来なくなるかもしれません。
そういう学生さんは、色々な人に話を聞いて、知識を増やすことが一番です。知識がないばかりに、毎年のように妊娠し、赤ちゃんを育てられないからと言って、トイレで出産し、公園に放置したというような悲しい事件が報道されます。
お母さんは、赤ちゃんを保護する義務があるので、そういうことをすると犯罪になってしまうのです。そして、赤ちゃんが亡くなったら、本当に大変なことになってしまいます。
妊娠した学生さんが赤ちゃんを生んで育てることが出来ない時は、特別養子縁組という選択肢もありますし、将来、自分で引き取りたい場合は、児童相談所に相談すれば、良い解決策を考えてくれるかもしれません。
予期せぬ妊娠で戸惑っている時は、まず、お母さんや知識のある人に相談してください。

妊娠の初期でしたら、中絶という選択肢もあります。
法律(「母体保護法」)で中絶が認められているのは、次のケースです。
・母体の健康上の理由、あるいは経済上の理由がある場合
・レイプ被害などによる妊娠の場合
中絶手術を受けられるのは、妊娠22週未満までです。妊娠初期と、それ以降とでは手術方法が異なり、母体に与える影響にも違いがあります。もし中絶を選択するなら、早く決断するほうが負担は少なくなります。

中絶が出来ない時期になると、その子を将来育てたいか、そうでないかをじっくり考えてください。今は育てられないけど、将来、自分で育てたい場合は、児童相談所に相談するのが良いと思います。ホームページで特別養子縁組をコーディネートする様々な事業所がありますが、こういうあっせん事業所は、育ての親の希望者とマッチングさせることを目的としているので、将来、自分で子供を育てたい場合、あなたが希望する話しの展開にはならないと思います。

自分で育てるのが難しい場合は、特別養子縁組を視野に、特別養子縁組をあっせんしている事業所に相談するのも一つの方法です。この時、児童相談所に相談しても良いのですが、児童相談所は、すぐに特別養子縁組するような考えをしていないので、児童相談所に相談しない選択肢を考えた方が赤ちゃんの将来には良いケースがあります。児童相談所は、里親に出す場合、歩くことが出来るようになったり、話すことが出来るようになったり等の条件を出すことが多いので、2〜3才くらいにならないと、実親が希望しても里親に委託してくれないことが大半のようです。この赤ちゃんにとって重要な3才くらいまでの期間を施設で過ごすことは、赤ちゃんに愛着障害が出てしまう可能性が有るのです。また、一度、児童相談所に預けられた赤ちゃんは、その後、民間の特別養子縁組あっせん事業者に変更しようとしても、児童相談所の力が強くてうまくいかないようです。

こうのとりゆりかごを利用するという選択肢もあります。
こうのとりゆりかごは、お母さんに様々な事情があって赤ちゃんを育てることのできない場合、赤ちゃんをお母さんが匿名で預けることが可能な施設です。こうのとりゆりかごを利用することが望ましい方は、どうしても赤ちゃんを育てられない方で、匿名で出産されたい方だと思います。ただし、このようにして匿名で赤ちゃんポストに託された乳児は、両親が不明なため、特別養子縁組等になることが難しく、将来的に施設で過ごす可能性が高いと思います。赤ちゃんの本当の幸せを考えたら、別の選択肢があると思いますので、じっくり考えて下さい。

お問合せフォーム

このページの先頭に戻る